3 カード ポーカー

レットイットライドの方がスリーカードポーカーよりも良い3つの理由

90年代にデビューした時には、私はスリーカードポーカーのテーブルに集まったギャンブル集団の中にいましたが、子供っぽいゲームプレイにすぐに飽きてしまいました。 私がピットに行く時にはいつでも、レットイットライドは未だに最初に向かう所です。この理由を長い間一生懸命考えていました。そこで、今回は、私が変わることなくレットイットライドに従事する3つの理由をご紹介します。 1. スリーカードポーカーはレットイットライドと比べると退屈 スリーカードポーカーをプレイしたことがない(ちなみに、「おめでとう」ですね)人にとっては、ゲームは基本の手順を少しばかり説明するだけのものです。アンティベット(と、必要であれば1ペア+サイドベット)を置きます。ディーラーから表向きのカードを3枚もらいます。アンティベットと同じ2度目のプレイベットで上げるのか、アンティをフォールドした方が安全であるのかを決めます。 ディーラーが手札の3枚のカードをひっくり返すのを見ます。とにかくディーラーを負かせば、自分のベットと対等の金額を獲得します。すばらしい手札で勝てば、アンティボーナスを手に入れます。ペア+ベットでも、プレーヤーはプレミアムペイアウトを獲得します。実際に、スリーカードポーカーは、「私の3枚のカード vs あなたの3枚のカード」に絞っているだけです。幼い頃にみんなが遊んだ戦争ゲームのようなものです。 ひとつだけでなくもっと多くの方法で範囲を広げるレットイットライドのような別の挑戦的なポーカーと比較すると、スリーカードポーカーはちょっと子供っぽい感じがします。スリーカードポーカーのトップベースのゲームペイアウトはわずか7対1ですが、レットイットライドは単一のサイドベットをしない時でも、すべての単一の取引で誰でも手に入れられる1,000対1のペイアウトの可能性があります。 開始するために同じサイズのアンティベットを3つ置くことで計画がひっくり返るので、 実際のゲームプレイも断然魅力的です。それから、3枚のカードを表向き、2枚のカードを裏向きにした後に最初のアンティを「ライド」するのか、戻すのかを決めます。ディーラーは2度目のアンティライドをしたいかどうかをもう一度尋ねる前に、その時点でプレーヤーの決め手のカードの1枚を見せます。ベットを戻す、またはスタンドにすることができ、最終的な決め手のカードが見せられて、最後のファイブカードのポーカーの手札が揃います。 2. レットイットライドで勝つためには戦略的な考えがいる 誰かを呼んで、スリーカードポーカーに関して単一のルールを教えることはできます。もしその人たちがそのルールに従ったら、あっという間に完璧なプレーヤーになるでしょう。クイーン/6以上のカードを持っていればベット、悪いカードであればフォールドします。スリーカードポーカー戦略はこれがすべてです。一方で、レットイットライドの最適な戦略にはガイドラインが5つあります。スリーカードを持っているなら、降順の手札や引くカードの強さに基づきます。フォーカードの手札があるなら、5つ以上の手札/引き分けの層があって、最適なアクションを決定する前に判断します。 レットイットライド戦略を詳しく覚えることは、とにかく楽しみの一環です。ですから、その手順は皆さんにお任せします。私が分かっていることは、ひとつのルールの命令に盲目的に従うのではなく、動く前に少し考えることを選ぶということです。 3. レットイットライドが基準を設定 レットイットライドを発明したジョン・ブリーディング氏は、市場初の自動シャッフルマシン、「シャッフルマスター」のアマチュア発明家として着手したことで知られています。カジノがリアルマネーのブラックジャックで複数のデッキのシューターにシフトしていたことを知り、自分のシングルデッキシャッフルマスターを使うすばらしい理由を与えるために奮闘しました。奥さんから少し促された後に、ブリーディングはワンデッキだけ必要とし、もっと重要なこととして、カードのカウンターによって「ハッキングできない」新しいテーブルゲームの考案に取り掛かりました。レットイットライドが誕生し、あっという間に意欲的なゲーム発明家のデレック・ウェブ氏の目に留まりました。

Read More »